忍者ブログ
鼻腔内腺癌を宣告された愛犬ジュンの記録。 余命3ヶ月の宣告に負けず、約1年間の闘病の末2011年5月1日に虹の橋を渡りました。
| Admin | Write | Comment |
犬のうた
犬のうた〜ありがとう〜
うた/エイジアエンジニア
プロフィール
なまえ:
june
年齢:
17
性別:
女性
誕生日:
2000/05/30
職業:
2011/5/1~虹の橋勤務
趣味:
お散歩、おやつ、ごはん

      ジュンちゃん愛用
抗がん健康サプリメント

D-フラクション プレミアム 犬猫用 30ml

犬猫用センダンα 30ml

枇杷の種粉末

スパイラルエンザイム生酵素500ml

ベターシャーク鮫軟骨(動物病院にて50gずつ購入)

*ご注意*
サプリメントは癌の治療薬ではありません。犬の体質、癌の進行、癌の種類にもより、その効果を保証するものではありません。
Twitter
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
また逢えるよね
ジュンはいくつ?
ジュンちゃん掲載誌
Shi-Ba 3月号 Vol.57
ジュンちゃんの闘病記を
掲載して頂きました。
巻末P108〜P111。
辰巳出版 980円
最新記事
ブログのはじまり
にほんブログ村
闘病生活も終え、現在はランキング不参加です。カテゴリーには参加しています。
ようこそ
ごゆっくり
いつでも里親募集中
いま何時?
お買い物
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 35d42388.jpeg


がん細胞 近赤外光で破壊成功
(クリックでジャンプします。)



臨床で成功したら本当にすごい話しですね。
がんが治るようになったら、苦しむ人も減りますね。

良い細胞は傷つけることなく、がん細胞のみ破壊できるなんて、
成功したら放射線治療よりもリスクが低くなりそうですね。

犬、猫、他の動物にも早く効くと良いですね。



犬のメガボルテージ放射線治療が出来る病院は全国に8ヶ所しかありません。

レントゲンを撮るのも、放射線治療を受けるのも、
毎回全身麻酔なので、麻酔リスクも伴います。

小さい犬の体では、放射線治療の副作用でひどい症状が出る子もいます。


それでも、放射線治療よりも効果があるとしたら、
家から通える距離でなくとも、引っ越しをしてでも受けさせただろうか。


放射線治療よりも効果があるとしたら、
苦しみを少なくできるのならば、

新治療でも受けさせたい。



これが10年前だったら...

1年前だったら...



これからの世の中に希望が見えたと同時に、
ジュンを助けてあげられなかった事が、

何度も何度も悔やまれるのでした...




P1060174.jpg

拍手[44回]

PR
今日は初七日です。

いつもどこかにジュンの気配を探す日々を過ごしてきました。

ごはんの席につく度「ジュンちゃ〜ん!ごはんだよ〜!」と言ってしまったり、
布団を敷くたびに、毎晩「ジュンちゃ〜ん、寝なさ〜い!」と言ってしまったり、

習慣というものはすごいですね。。。

初七日ということで、骨壺カバーを新しくしました。
骨壺カバーは、ワンちゃんのお洋服」なんて言葉を目にして、
思わず購入してしまいました。。。(;^ω^A 大汗
(さすが、なんでもやりすぎのjuneさんですね!)

P1050017.jpg

骨壺は開けない方がいいとは言いますが、骨壺カバーは交換しても良いのですね。初耳!

P1050018.jpg
脇に写真入れもついていました。


この度は、たくさんの皆様にお悔やみのコメントを寄せて頂き、
心より御礼申し上げます。
毎日何度も何度も読み返し、皆様のお言葉一つ一つに号泣でした。

また、素敵なお花も頂戴し、大変恐縮いたしております。

動物病院の皆様、さと様、くうちゃん様、aoukun様、milleco様、
アポママ様、たま様、ジュン母様、

本当にありがとうございました。

ジュン母様に頂いた額は、そのままのお写真でジュンのもとに飾らせていただいております。


そしてお悔やみのお言葉を頂戴いたしました皆様、

アポママ様、アポパパ様、たま様、ジュン母様、Nagママ様、milleco様、
ケンタの姉ちゃん様、くうちゃん様、aoukun様、m様、BIS母様、アルルス様、
カールねぇ様、こたつ様、黒松の姉様、ラナイ様、ゆき様、しろっぺ様、M様、
ノンママ様、ヒデッチ様、ルナママ様、ネオママ様、ルーク母様、ごま様、
るるジャ@ママ様、ボンボン様、おねっぺちゃん様、ぴゅぴゅ様、カラー様、

ちゃこのおとーさん様、しめじ様、アキのママ様、ハッピーmama様、tomoko様、
tura様、ひろみ様、番茶。様、優ママ様、macu様、hana@京都様、izumi様、tabachabu様、
ゆっきーな様、yoru♪様、はなこママ様、ゆうmama様、ビックルまま様、ワンラブ様、
あき様、mariko様、裕美様、リラママ様、kumihana様、kaori様、じろう様、まい様、
はな・みずき様、らりまま様、ぴぐっち様、nio様、

本来ならば、お一人お一人にお返事させて頂くべきなのですが、
ジュンとの思い出を語るには、まだまだ寂しさの涙が溢れてきて、
皆様にお返事を書くのが難しい状態です。
どうかご無礼をお許し下さい。

ああ。目の前にワイパーが欲しい!!


a2203448.jpeg



P1060038.jpg


私はこれから、ジュンの姿がどこにも見えず、「触りたいな、匂いを嗅ぎたいな」
そんなことを、ずっと考えながら過ごして行くのだと思います。

だけど、ジュンはとっても苦しい病気と一生懸命闘って、やっと楽になることが出来ました。

だから、

「会いたいな」

この一言は、今は言わないでおきます。




でも、少し休んだら、生まれ変わってまた会いに来てね。ジュンちゃん。

次また出会うときは、自慢の嗅覚で、ちゃんと見つけてね。

その日まで、ジュンちゃんのお骨、毎日身につけているからね。



P1010599_2.jpg



闘病生活カテゴリーに参加して、本当に沢山の皆様に応援して頂きました。
先の見えない闘病生活に自信をなくす事もありましたが、
皆様にたくさん勇気と希望を頂き、最後までジュンのそばにいることができました。


11ヶ月と23日に及ぶジュンの闘病生活と介護は終わりを迎えました。
明日、5月8日で、ジュンの癌の宣告から1年になります。
これを機に、闘病生活のランキングからも外れることにします。

ですが、ジュンの記録を残す為にカテゴリーには参加しています。
新着記事の際には、是非遊びにいらして下さいね。
ジュンとの思い出を、楽しく綴れるようになる日がくるかな?笑

ブログをお持ちの皆様の所には、今後とも応援に伺わせていただきます。

皆様のワンちゃんが、苦しみ少なく、幸せな毎日を送る事ができますよう、
心から願っています。


癌やその他の病気で命を落とすワンちゃんが1匹でも減りますように。。。



今まで本当にお世話になりました。
ありがとうございました。


2011年5月7日
「ジュンのしるし」 june/ジュン

IMG_0009.jpg

拍手[73回]

ジュンちゃんは、5月2日(月)午後1時にお空へ向かいました。


一晩たっても、ジュンが目を覚ます事はありませんでした。
こちら(クリック)


食べる事が何よりも大好きだったジュンちゃんに、
ごはんとおやつを持たせてあげました。

固いオヤツも大好物だったのですが、昨年の秋から固いオヤツは食べられなくなりました。
だから、旅立ちには大好物のグリニーズも持たせました。

そして、家族と一緒に撮った写真と、お手紙も添えました。

暑がりのジュンちゃんですが、私の処女作である通称「駄作コート」も持たせてやりました。


火葬場に行く前に、病院に寄りました。
治療は怖かったけど、ジュンちゃんは病院が大好きでした。
病院に着くと、自分から我が家のように入って行ったものです。

先生も、看護師の皆さんも、全員でジュンにお別れをしてくれました。
先生からは高消化性のフードを頂きました。
最後の13日間は何も食べられなかったので、消化の良いものを下さったのですね。

「体、触ってもいいですか」
先生はジュンの固く冷たくなった体を、優しく撫でて下さいました。
「がんばったね」そう声をかけて下さいました。

病院の先生には、本当に良くして頂きました。
小さな悩みも、一緒になって考えて下さいました。
西洋医学だけでなく、サプリメントから手作りごはん、レメディのことまで、
たくさん教えて頂きました。


私達は、先生にジュンを診て頂いて、本当に良かったと心から感謝しています。


病院を後にする時、看護師さんが外まで出て来てくれて、
ジュンが見えなくなるまで見送ってくれました。


そして車で1時間程の仙台市のペット霊園に向かいました。
ドライブが大好きだったジュンちゃん。
これが本当に最後のドライブになります。

こちら(クリック)

1時間という時間が、ものすごくあっという間に感じました。


火葬場に着き、もうジュンに触れる事が出来なくなると思うと、涙が止まりませんでした。


最後にたくさんたくさん触りました。
たくさんたくさん名前を呼びました。
たくさんたくさん「ありがとう」と伝えました。


冷たくなったジュンからは、もうジュンの匂いはしませんでした。

だけど、奇麗なフサフサの毛や
きれいにお手入れした肉球の感触は、
今でもしっかりと私の手に残っています。

こちら(クリック)





ジュンは今、小さく小さくなって家に帰ってきました。



ジュンの姿の見えない家は、とても静かになりました。

今でも毎日、ジュンの寝息や、足音が聞こえているような気がします。
でも、もうそこにジュンの姿はありません。

いつもジュンと一緒に寝ていたので、
ジュンのいない布団はとても寒く、いない事を実感するたびに涙が出ます。


ジュンのいない生活に慣れるには、まだまだ時間がかかりそうです。



ジュンのいない家に、動物病院や皆さまからたくさんのお花が届き、
とても賑やかで温かい空間が出来ました。

P1050002.jpg
ジュンちゃん、すでにたくさんのお花に埋もれています。


ジュンの写真の額縁も頂きました。本当にありがとうございます。
P1050003.jpg



ジュンの存在の大きさを改めて感じ、
ジュンに出会えた事、ジュンを通して皆様に出会えた事、私は一生忘れません。


愛するという事、感謝するという事、信じるという事、
命の大切さを考える事、生きている喜びを感じる事、

ジュンは私達にたくさんの事を教えてくれました。




ジュンちゃん、ジュンちゃんは本当に幸せだった?

私は毎日がすごくすごく幸せだったよ。


ありがとう。ありがとう。

P1000036_2.jpg



P1030533.jpg



IMG_0674.jpg



ジュンちゃん、いつも一緒だよ。
P1040996.jpg



応援ありがとうございました。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
       にほんブログ村

拍手[85回]

≪ Back  │HOME│

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

Copyright c ジュンのしるし。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆ / Material By はながら屋
忍者ブログ [PR]