忍者ブログ
鼻腔内腺癌を宣告された愛犬ジュンの記録。 余命3ヶ月の宣告に負けず、約1年間の闘病の末2011年5月1日に虹の橋を渡りました。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 35d42388.jpeg


がん細胞 近赤外光で破壊成功
(クリックでジャンプします。)



臨床で成功したら本当にすごい話しですね。
がんが治るようになったら、苦しむ人も減りますね。

良い細胞は傷つけることなく、がん細胞のみ破壊できるなんて、
成功したら放射線治療よりもリスクが低くなりそうですね。

犬、猫、他の動物にも早く効くと良いですね。



犬のメガボルテージ放射線治療が出来る病院は全国に8ヶ所しかありません。

レントゲンを撮るのも、放射線治療を受けるのも、
毎回全身麻酔なので、麻酔リスクも伴います。

小さい犬の体では、放射線治療の副作用でひどい症状が出る子もいます。


それでも、放射線治療よりも効果があるとしたら、
家から通える距離でなくとも、引っ越しをしてでも受けさせただろうか。


放射線治療よりも効果があるとしたら、
苦しみを少なくできるのならば、

新治療でも受けさせたい。



これが10年前だったら...

1年前だったら...



これからの世の中に希望が見えたと同時に、
ジュンを助けてあげられなかった事が、

何度も何度も悔やまれるのでした...




P1060174.jpg

拍手[46回]

PR
今日は初七日です。

いつもどこかにジュンの気配を探す日々を過ごしてきました。

ごはんの席につく度「ジュンちゃ〜ん!ごはんだよ〜!」と言ってしまったり、
布団を敷くたびに、毎晩「ジュンちゃ〜ん、寝なさ〜い!」と言ってしまったり、

習慣というものはすごいですね。。。

初七日ということで、骨壺カバーを新しくしました。
骨壺カバーは、ワンちゃんのお洋服」なんて言葉を目にして、
思わず購入してしまいました。。。(;^ω^A 大汗
(さすが、なんでもやりすぎのjuneさんですね!)

P1050017.jpg

骨壺は開けない方がいいとは言いますが、骨壺カバーは交換しても良いのですね。初耳!

P1050018.jpg
脇に写真入れもついていました。


この度は、たくさんの皆様にお悔やみのコメントを寄せて頂き、
心より御礼申し上げます。
毎日何度も何度も読み返し、皆様のお言葉一つ一つに号泣でした。

また、素敵なお花も頂戴し、大変恐縮いたしております。

動物病院の皆様、さと様、くうちゃん様、aoukun様、milleco様、
アポママ様、たま様、ジュン母様、

本当にありがとうございました。

ジュン母様に頂いた額は、そのままのお写真でジュンのもとに飾らせていただいております。


そしてお悔やみのお言葉を頂戴いたしました皆様、

アポママ様、アポパパ様、たま様、ジュン母様、Nagママ様、milleco様、
ケンタの姉ちゃん様、くうちゃん様、aoukun様、m様、BIS母様、アルルス様、
カールねぇ様、こたつ様、黒松の姉様、ラナイ様、ゆき様、しろっぺ様、M様、
ノンママ様、ヒデッチ様、ルナママ様、ネオママ様、ルーク母様、ごま様、
るるジャ@ママ様、ボンボン様、おねっぺちゃん様、ぴゅぴゅ様、カラー様、

ちゃこのおとーさん様、しめじ様、アキのママ様、ハッピーmama様、tomoko様、
tura様、ひろみ様、番茶。様、優ママ様、macu様、hana@京都様、izumi様、tabachabu様、
ゆっきーな様、yoru♪様、はなこママ様、ゆうmama様、ビックルまま様、ワンラブ様、
あき様、mariko様、裕美様、リラママ様、kumihana様、kaori様、じろう様、まい様、
はな・みずき様、らりまま様、ぴぐっち様、nio様、

本来ならば、お一人お一人にお返事させて頂くべきなのですが、
ジュンとの思い出を語るには、まだまだ寂しさの涙が溢れてきて、
皆様にお返事を書くのが難しい状態です。
どうかご無礼をお許し下さい。

ああ。目の前にワイパーが欲しい!!


a2203448.jpeg



P1060038.jpg


私はこれから、ジュンの姿がどこにも見えず、「触りたいな、匂いを嗅ぎたいな」
そんなことを、ずっと考えながら過ごして行くのだと思います。

だけど、ジュンはとっても苦しい病気と一生懸命闘って、やっと楽になることが出来ました。

だから、

「会いたいな」

この一言は、今は言わないでおきます。




でも、少し休んだら、生まれ変わってまた会いに来てね。ジュンちゃん。

次また出会うときは、自慢の嗅覚で、ちゃんと見つけてね。

その日まで、ジュンちゃんのお骨、毎日身につけているからね。



P1010599_2.jpg



闘病生活カテゴリーに参加して、本当に沢山の皆様に応援して頂きました。
先の見えない闘病生活に自信をなくす事もありましたが、
皆様にたくさん勇気と希望を頂き、最後までジュンのそばにいることができました。


11ヶ月と23日に及ぶジュンの闘病生活と介護は終わりを迎えました。
明日、5月8日で、ジュンの癌の宣告から1年になります。
これを機に、闘病生活のランキングからも外れることにします。

ですが、ジュンの記録を残す為にカテゴリーには参加しています。
新着記事の際には、是非遊びにいらして下さいね。
ジュンとの思い出を、楽しく綴れるようになる日がくるかな?笑

ブログをお持ちの皆様の所には、今後とも応援に伺わせていただきます。

皆様のワンちゃんが、苦しみ少なく、幸せな毎日を送る事ができますよう、
心から願っています。


癌やその他の病気で命を落とすワンちゃんが1匹でも減りますように。。。



今まで本当にお世話になりました。
ありがとうございました。


2011年5月7日
「ジュンのしるし」 june/ジュン

IMG_0009.jpg

拍手[75回]

ジュンちゃんは、5月2日(月)午後1時にお空へ向かいました。


一晩たっても、ジュンが目を覚ます事はありませんでした。
こちら(クリック)


食べる事が何よりも大好きだったジュンちゃんに、
ごはんとおやつを持たせてあげました。

固いオヤツも大好物だったのですが、昨年の秋から固いオヤツは食べられなくなりました。
だから、旅立ちには大好物のグリニーズも持たせました。

そして、家族と一緒に撮った写真と、お手紙も添えました。

暑がりのジュンちゃんですが、私の処女作である通称「駄作コート」も持たせてやりました。


火葬場に行く前に、病院に寄りました。
治療は怖かったけど、ジュンちゃんは病院が大好きでした。
病院に着くと、自分から我が家のように入って行ったものです。

先生も、看護師の皆さんも、全員でジュンにお別れをしてくれました。
先生からは高消化性のフードを頂きました。
最後の13日間は何も食べられなかったので、消化の良いものを下さったのですね。

「体、触ってもいいですか」
先生はジュンの固く冷たくなった体を、優しく撫でて下さいました。
「がんばったね」そう声をかけて下さいました。

病院の先生には、本当に良くして頂きました。
小さな悩みも、一緒になって考えて下さいました。
西洋医学だけでなく、サプリメントから手作りごはん、レメディのことまで、
たくさん教えて頂きました。


私達は、先生にジュンを診て頂いて、本当に良かったと心から感謝しています。


病院を後にする時、看護師さんが外まで出て来てくれて、
ジュンが見えなくなるまで見送ってくれました。


そして車で1時間程の仙台市のペット霊園に向かいました。
ドライブが大好きだったジュンちゃん。
これが本当に最後のドライブになります。

こちら(クリック)

1時間という時間が、ものすごくあっという間に感じました。


火葬場に着き、もうジュンに触れる事が出来なくなると思うと、涙が止まりませんでした。


最後にたくさんたくさん触りました。
たくさんたくさん名前を呼びました。
たくさんたくさん「ありがとう」と伝えました。


冷たくなったジュンからは、もうジュンの匂いはしませんでした。

だけど、奇麗なフサフサの毛や
きれいにお手入れした肉球の感触は、
今でもしっかりと私の手に残っています。

こちら(クリック)





ジュンは今、小さく小さくなって家に帰ってきました。



ジュンの姿の見えない家は、とても静かになりました。

今でも毎日、ジュンの寝息や、足音が聞こえているような気がします。
でも、もうそこにジュンの姿はありません。

いつもジュンと一緒に寝ていたので、
ジュンのいない布団はとても寒く、いない事を実感するたびに涙が出ます。


ジュンのいない生活に慣れるには、まだまだ時間がかかりそうです。



ジュンのいない家に、動物病院や皆さまからたくさんのお花が届き、
とても賑やかで温かい空間が出来ました。

P1050002.jpg
ジュンちゃん、すでにたくさんのお花に埋もれています。


ジュンの写真の額縁も頂きました。本当にありがとうございます。
P1050003.jpg



ジュンの存在の大きさを改めて感じ、
ジュンに出会えた事、ジュンを通して皆様に出会えた事、私は一生忘れません。


愛するという事、感謝するという事、信じるという事、
命の大切さを考える事、生きている喜びを感じる事、

ジュンは私達にたくさんの事を教えてくれました。




ジュンちゃん、ジュンちゃんは本当に幸せだった?

私は毎日がすごくすごく幸せだったよ。


ありがとう。ありがとう。

P1000036_2.jpg



P1030533.jpg



IMG_0674.jpg



ジュンちゃん、いつも一緒だよ。
P1040996.jpg



応援ありがとうございました。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
       にほんブログ村

拍手[89回]

ジュンの最期を色褪せないうちに記します。
臨終について書いています。
苦手な方は目を通さないようにお願いいたします。

*****************************

2011年5月1日。午後8時43分。永眠。

ジュンは亡くなる日の午後6時まで自力で歩いていました。

午後の4時には、庭で自力でおしっこをしました。


亡くなる日は、朝起きてから、「フセ」の状態で起きている事が出来なくなり、
私が手を離すと、すぐにダラ〜ンと倒れてしまいました。

午前中に病院に行き、いつもは30分の静脈点滴なのですが、
この日に限って背中からの皮下点滴を受けました。
皮下点滴ですと、短時間に倍以上の栄養を入れる事が出来ます。

ですが、背中からの点滴が苦手なジュンちゃんは、
はじめは四肢に力が入っていましたが、だんだんと全身に力が入らなくなり、
結局「オスワリ」が崩れたような格好で点滴を受けていました。
その時もやはりその状態を保つ事が出来ず、
背後の看護師さんに寄りかかった格好で過ごしました。

家に帰って来てからもずっと寝て過ごし、
午後に自力で起き上がり、徘徊運動を始めました。

その後、4時頃庭に出し、大量の排尿を済ませました。
その後、再びお休み。


5時半頃でしょうか。。。
自力で起き出し、隣の部屋へ。

壁に着き当たっても、そのまま進もうとしたり、様子が変。。。

慌てて抱きかかえ休ませるも、呼吸がおかしい。

そのうち顔が上を向き、首がグルンと1回転しました。

「これはやばい。。。」

そう思いましたが、その後は、またいつものイビキと呼吸で爆睡。




30分程して、ビクッ!としたように突然飛び起き、自力で立ち上がりました。


その足取りは非常に危なっかしく、少し徘徊運動した後、再び休ませました。

その時、午後6時。



その後はまたいつものイビキで爆睡。

とても深い眠りでした。
思い返せば、亡くなる3日程前から、何をしても起きない程深い眠りに入っていました。




午後8時半頃、イビキが止まり、目も開き、耳も動くようになったので、
口の中を、水に浸した綿棒で奇麗にしました。


その時、肺は膨らんでいるのに、呼吸の仕方が突然おかしくなりました。

再び目を閉じ、痙攣の様な小刻みな震えで、顔に力が入っていました。

そのうち、舌がダランと出て、息は吐くのに、吸い込めない、そんな状態になりました。


一瞬目がパチッと開いて、舌が引っ込みました。水も舐めました。


「ジュンちゃん!!ジュンちゃん!!!」


ですが、次の瞬間。

四肢がピンと伸びて、静かになりました。
自分で目も口も閉じていました。




最期はほんの少しの間だけ苦しみました。
言うなれば、「窒息」「呼吸困難」。

けれど、それは本当にわずかな時間だけで、
私も母もいつジュンが臨終を迎えたのかが分からない程、安らかに逝きました。



母と、私、二人で見送りました。
最期は私の腕の中で。。。


私がずっと強く望んでいた最期の看取り方。

5月1日。午後8時43分でした。



眠りについた後は、歯茎の腫瘍の血の気がすぐに引き、
マズルの腫れも消えました。そこには血液が溜っていたと考えられます。


その後、午前中にた〜っぷりと入れてもらった点滴が、たくさん出ました。
8時43分。いつもなら、このくらいの時間におしっこに行くはずでした。


最期までお漏らしはせずに、ジュンなりのプライドを守り抜きました。



ジュンの眠った顔は、あんなに恐ろしい癌と闘ったとは思えない程に安らかでした。


眠っているようでした。今にも目を覚ましそうでした。


私は、ジュンの固く冷たくなった脚を握りながら、何度も名前を呼びました。



ジュンちゃん。ジュンちゃん。ジュンちゃん。ジュンちゃん。

ジュンちゃん!ジュンちゃん!ジュンちゃん!ジュンちゃん!!



ジュンは二度と目を覚ます事はなかったけれど、
その表情は私達に「もう大丈夫だよ」と言っているようでした。



「鼻腔内 腺がん」の宣告から、11ヶ月と23日。

ですが、ジュンが鼻腔内腫瘍と闘って1年7ヶ月以上。


諦めの悪い私の為に、こんなにたくさん頑張ってくれたジュン。
「安楽死」の覚悟がつかない私の為に、自ら衰弱してくれたジュン。
実は「血」が苦手な私の為に、出血多量での死を避けてくれたジュン。


こんなに飼い主想いのジュンに、今 感謝の気持ちでいっぱいです。




ありがとう。ありがとうね。ジュンちゃん。

ジュンちゃん。ジュンちゃん。ありがとう。



だいすきだよ。ずっとずっとだいすきだよ。




*******************************


ジュンが息を引き取った直後。(眠っているようです)
こちら(クリック)



生きている口腔内の腫瘍。(刺激の強い画像です
こちら(クリック)


死後の口腔内の腫瘍。(刺激の強い画像です
こちら(クリック)


お通夜。(かわいいかわいいジュンちゃん)
こちら(クリック)




たくさんのコメント、本当にありがとうございました。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
       にほんブログ村

拍手[69回]

2011年5月1日、日曜日。晴れ。

午後8時43分、ジュンちゃん永眠いたしました。

もともとの誕生日が不明なので、数えで 享年11歳 としました。

たくさんの応援本当にありがとうございました。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
       にほんブログ村

拍手[92回]

コメント欄を閉じても、温かい応援メッセージを寄せていただきまして
本当にありがとうございます。
お返事ができなくて申し訳ございません。
とても嬉しく、何度も読ませて頂いております。

*****************************

一切何も食べなくなって、今日で12日。。。
今でもなんとか自力で歩き、おしっこをします。
お漏らしはありません。
うんちが出なくなって7日です。

今日も30分の点滴に行ってきました。

IMG_0796.jpg

気温が高くなったせいか、クーハンから出て、冷たい床で爆睡しています。

外飼いの時は、よく冷たいコンクリートの上で寝ていたジュンちゃんですが、
今はすっかり痩せこけ、皮下脂肪が余るくらいに一気に痩せ細りました。

床の上は骨が当たって痛そうだなぁ。。。と思いながらも、
口呼吸+体毛の多いジュンちゃんはとても暑そうにしています。

床ずれ防止にこまめに体位交換をするのですが、
ジュンちゃん、一度寝たらなかなか起きない!

一瞬「えっ!?まさか...」と思う程に深い眠りで、全身の力が抜けています。

でも、1時間もしないうちに目覚め、運動(徘徊)を始めます。

最近は途中で体力が尽きて、行き倒れている事も。。。

先ほど、ジュンを寝かしつけてパパッとお風呂に入ってきたのですが、
嫌な予感がして急いで出てみると、やはり玄関先で行き倒れていました。。。

P1040943.jpg

もう少しで下に落ちる所でしたよ〜!!!!危ない危ない!!

昨日からは転倒防止に玄関にも毛布を敷き詰めました。

P1040940.jpg


常時口呼吸のみで、それに加えて歯茎に大きな腫瘍があるジュンちゃん。

お口の中はヨダレで汚れています。

お水はごくごく飲めなくても、水に浸した綿棒できれいにしてあげます。

P1040941.jpg
これは、今のジュンちゃんには必需品です!!


ジュンちゃんのベッド周りの介護グッズ。
P1040936.jpg
①ウェットティッシュ②目(涙)のコットン③止血剤(ボスミン)④止血剤(粉)⑤コットン
⑥綿棒⑦ポリ手袋⑧耳用ローション⑨水(浄水)⑩お口洗浄用の水(水道水)⑪加湿器
⑫シリンジ⑬哺乳瓶


体が不自由だからこそ、少しでも快適に過ごさせてあげたいですね。






4月29日、悪性リンパ腫と闘い続けたルナちゃんが虹の橋を渡りました。
ルナちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
       にほんブログ村

拍手[11回]

暖かくなってきましたね。
ジュンちゃんは毛が長いので、とても暑そうです。
昨日からジュンちゃんだけ一足お先に扇風機を出しました。

P1040821.jpg


火曜日は動物病院がお休みだったのですが、
水曜日から毎日30分の点滴に通っています。

今日も病院に行ってきました。
体重は7.3kg。また減っています。

度重なる地震のせいで、家はジュンにとって恐怖の館になっているので、
病院では点滴の間中ぐっすり寝てくれます。

昨日から後ろ足にあまり力が入らなくなり、
歩く事はできても、立っている事が出来なくなりました。

以前から、いつか歩けなくなった時のために
クーハン(赤ちゃん用のバッグ)を準備していたのですが、
いよいよ今日から使い始めました。

おしっこはまだ自分で出来ますが、車や待合室ではクーハンが大活躍です。

今日は診察室でもクーハンの中で点滴を受けていました。

IMG_0787.jpg

うんちは5日間出ていません。
先生が触診するも、お腹は全然張っていないとのこと。。。

何も食べていませんからね。。。

水分もいよいよ摂れなくなり、哺乳瓶で水分を垂らしても、
水に浸したコットンを口元にかざしても、
一切舌が反応しなくなりました。


今日で一切何も食べなくなって10日。

先生曰く、
震災前に10kgあった体力や脂肪のおかげで、
10日間何も食べていなくても、現在でも何とか歩けているそうです。


ですが、点滴だけでは限界があります。


P1040810.jpg
ウエストもだいぶくびれてきました。。。



転ばない限り自分からは腰を下ろさなくなったので、
毎回、程よい運動(徘徊)の後に寝かしつけます。

d80a8fc8.jpg

30分〜1時間毎に起き出しますので、
そしたら、また運動の後に寝かせます。

その繰り返しです。夜中もそうです。

毛が長いので、おしっこで陰部周りの毛が汚れてしまいますが、
自分では舐める事もしなくなったので、きれいに拭いてあげます。
陰部が汚れていると、何度寝かせても、何度も自力で起き上がります。


私達は「徘徊」と言ってしまってますが、
あのウロウロにはちゃんと本人の意思があるようです。



先のことを考えると色々と心配はありますが、
なるべく先の事は考えないようにして、
今は目の前のジュンの表情と状態だけを見つめてあげたいと思います。


日に日に弱って行くジュンですが、
「ジュンちゃん」と呼ぶと、ちゃんとこちらを見てくれます。
「おいで」と言うと、ヨロヨロになりながらも、こちらに来てくれます。



ジュンちゃん、おりこうさんだね。ありがとうね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
       にほんブログ村

拍手[5回]

今日はお昼前に激しい雷が鳴り響き、
お隣のシェルティちゃんが脱走してしまう程の大きな音でした。

シェルティちゃんはまだ見つかっていないようです。。。
[22:30追記]
シェルティの姫ちゃん、夕方に随分遠く離れた教会で見つかりました!


ジュンは体力の関係からか、怯えてはいましたが、パニックにはなっていませんでした。

12時半頃にはベッドで寝かしつけ、人間は昼食を摂っていたのですが、

少ししてふとジュンの顔を見ると、びっくり!!!

口からたっぷりと血が溢れていました。


やっと寝てくれたので、もう少し様子を見てから起こそうと思いましたが、
血はどんどん溢れて、水たまりならぬ血溜まりになっていました。

※記録に血のついた写真を載せています。
不快に思われる方は見ないようにお願いします。



「大出血」と一口にいっても、程度が伝わらないため、
先生に見せる為に急いで写真を撮りました。





IMG_0777.jpg


すぐに出血箇所を確認しましたが、場所は歯茎からの出血で、すぐに止血しました。

顔も手も足も、血で汚れていました。


IMG_0779.jpg

これがなかなか落ちない!

断水中じゃなくて良かったです。



現在は雷も去って晴れ間が出来、デッキできれいになった姿で休んでいます。

IMG_0781.jpg

これでまたヘマトクリット値と血小板数に影響が出るのでしょうか。。。


一切何も食べなくなって7日目。。。

なんとか苦しまずに過ごさせてあげたいものです。





にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
       にほんブログ村

拍手[2回]

1日おきに病院で点滴をする事になりました。

今日も午前中に行ってきました。

ジュンちゃん7.7kg。。。

前回、背中からの点滴が非常に痛かったようなので、
今回は前足の静脈から点滴しました。

診察台の上で、一瞬全身の力が抜けてしまったジュンちゃん。
どうやら保定が苦しくて、酸欠になってしまったようです。

もう呼吸をするのも大変になってきているようです。

診察台からおろし、床に立ったまま点滴を受けました。
そのうち体が疲れて1時間程ぐっすり眠ったまま点滴を受けていました。
IMG_0773.jpg
イビキもかいていました。

病院から帰ってくると、嘔吐がありました。
黄色の胆汁液で、胃の中がカラッポのところに点滴が入ったので吐き気がしたようです。



最近のジュンちゃんは、寝ている時間よりも起きている時間の方が長く、
なかなか腰を下ろしません。

同じ場所にず〜っと何時間でも立っています。。。

今朝も、7時半にお散歩から帰って来てから、
病院に行くまでの2時間ほど、ずーーーっとフラフラになって立ちっぱなしでした。

昨晩は立ったまま寝てしまった様で、そのうちドスン!と倒れてしまいました。



ジュンが寝ているのを確認してから、30分ほど外出したのですが、
帰ってきてびっくり!

玄関のガラス越しにどなたかがいらっしゃるではありませんか!!
IMG_0767.jpg

いつから立っていたのでしょう。。。


IMG_0768.jpg
もうフラフラになって立っていました。。。


ベッドまで誘導しても、またすぐに徘徊を始め、
ある程度ウロウロしたらその場で固まります。

IMG_0770.jpg
ジッと固まって動かない。お地蔵さんの様です。
そしてこのまま寝てしまいます。。。


やっとの思いで寝かしつけても、何かあるとすぐ起きます。。。

体がすごく辛いんでしょうね。。。



今は先ほどから寝てくれました。

IMG_0775.jpg

ジュンには室内のトイレの躾をしなかったので、
尿意、便意があっても、極限まで我慢してしまいます。

せめて、うんちとおしっこは自分で出来るだけの体力は残してあげたいな。



少しでも体力が回復しますように。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
       にほんブログ村

拍手[0回]

ジュンの食欲がなくなってから1週間が過ぎました。
何も食べなくなって5日が経ちました。

お水もあまり飲まなくなりました。
ジュースを含む食事は一切摂れなくなりました。


今日はジュンを車に乗せ、病院に行ってきました。

体重は8.1kg。

おしっこの回数が1日2回しか出なくなり、
このままでは他の疾患も引き起こす可能性が高くなるので、
血液検査と点滴をしてもらいました。

ヘマトクリット値と血小板の数値も低下し、
白血球数はさらに上がっていました。

ナトリウム、カルシウム、総タンパクの数値も全て正常値よりも高くなっていました。


上顎に小さな穴?が開いて炎症が起き、そこが痛くて泣いているのだと思います。
この炎症が悪化すれば、当然骨が溶けて腫瘍が口いっぱいに広がってしまいます。

今日は背中から点滴をし、その他に必要なお薬も点滴から入れてもらいました。

今はスヤスヤと寝ていますが、痛み止めが切れれば、また泣き出すでしょう。。。

今日は4回おしっこが出ました。


今日の点滴はとても痛かった様で、ジュンはとても泣いていました。
食べていないとは思えない程の大声で泣いていました。


本当に可哀想な状態にさせてまって、ジュンには申し訳ない気持ちでいっぱいです。



ジュンちゃん、ごめんね。

でも、

ジュンちゃんって呼ぶと、振り向いてくれる。

「おすわり」って言うと、おすわりをする。

ジュンはまだ、ジュンでいてくれるんだね。


もう少しだけ、一緒にいてくれるよね?





にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
       にほんブログ村

拍手[2回]

犬のうた
犬のうた〜ありがとう〜
うた/エイジアエンジニア
プロフィール
なまえ:
june
年齢:
19
性別:
女性
誕生日:
2000/05/30
職業:
2011/5/1~虹の橋勤務
趣味:
お散歩、おやつ、ごはん

      ジュンちゃん愛用
抗がん健康サプリメント

D-フラクション プレミアム 犬猫用 30ml

犬猫用センダンα 30ml

枇杷の種粉末

スパイラルエンザイム生酵素500ml

ベターシャーク鮫軟骨(動物病院にて50gずつ購入)

*ご注意*
サプリメントは癌の治療薬ではありません。犬の体質、癌の進行、癌の種類にもより、その効果を保証するものではありません。
Twitter
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ジュンまた逢おうね
シロまた逢えるよね
ジュンはいくつ?
ジュンちゃん掲載誌
Shi-Ba 3月号 Vol.57
ジュンちゃんの闘病記を
掲載して頂きました。
巻末P108〜P111。
辰巳出版 980円
最新記事
(08/18)
(06/15)
(05/01)
ブログのはじまり
にほんブログ村
闘病生活も終え、現在はランキング不参加です。カテゴリーには参加しています。
ようこそ
ごゆっくり
いつでも里親募集中
いま何時?
忍者ブログ [PR]