忍者ブログ
鼻腔内腺癌を宣告された愛犬ジュンの記録。 余命3ヶ月の宣告に負けず、約1年間の闘病の末2011年5月1日に虹の橋を渡りました。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


気がつけば、4年ぶりのブログ更新となりました。

ジュンが鼻腔内腺癌でこの世を去ってから7年が経ち、
私も愛猫シロも歳をとりました。





2018年8月8日

愛猫シロが永眠しました。

15歳2ヶ月でした。

消化管型のリンパ腫の末期で、最期2週間は苦しみ頑張りました。

1週間水しか飲まず、
強制給餌をしても、全て嘔吐してしまうので、
その後の2週間は飲まず食わずでした。

抗がん剤に耐えられるだけの体力もなくなり、
日に日にガリガリに痩せていきました。

歩くことも出来なくなりましたが、
それでも窓を開けると、這って動いていました。




ジュンの時は、一日中側にいてあげる事が出来ましたが、
実家を出た私は、仕事を長期で休む事が出来ず、
苦しんでいるシロを一人で留守番させる日もありました。


一人ぼっちで旅立たせることになるかも知れないと、
毎日毎日心が押し潰されそうな日々を過ごしましたが、
家族想いのシロは、深夜3時頃、
眠っていた私のすぐ隣で、静かに息を引き取りました。

いっぱい頑張ったシロは、これ以上苦しむ力も残っていなかったのだと思います。




シロは結石以外の大きな病気もする事なく、
15年間健康に過ごしてくれました。

シロはとても大きな声でよく鳴く猫だったので、
今、家の中がとても静かになりました。


シロ

かわいいかわいいシロ

うちに来てくれて ありがとう

大好きだよ


虹の橋で ジュンに逢えたかな























ジュンが旅立ってから7年が経った今も、
同じ病気で苦しむワンちゃんの飼い主様から
コメントを頂いております。

直接お返事が出来ずに申し訳ありません。

皆さまのワンちゃん猫ちゃんが
大好きな飼い主様の元で、安らかな日々を過ごすことができるよう、
祈っています。

拍手[17回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret:  ※管理人のみ閲覧可 
はじめまして…
Juneさんのブログ…何度も何度も拝読させて頂いております。
何度読み返したか、それはもう数えきれないです…
2月に愛犬ブラームス(ウエスティ♂11才)が鼻血を出し、4月に鼻腔内腫瘍と宣告されてから、juneさんが私の道しるべ、心の支えでした…

もう7年も前の事ですし、更新もされていなかったので、まさかjuneさんに繋がるとは思っもいませんでした‼︎
更新して下さり、本当にありがとうございます。

まずは…シロちゃんjuneさんに大切に大切にされて幸せな最期でしたね〜
どんなにかお寂しい事と思いますが、お元気でお仕事も頑張っていらっしゃいますよう…
平穏な毎日をお過ごしになっておられますよう…お祈り致しております。

juneさんの残して下さったジュンのしるしがあったからこそ、
Posted by ブラームスmama 2018.11.04 Sun 22:03 編集
続き…
(すみませんブログコメント初体験でして…(^^;;失礼しました)

発病より9カ月、juneさんの残して下さったジュンちゃんの記録があったからこそ、あの恐ろしい大量出血の時も、パニックにならず比較的落ち着いていられました。
発作が起きた時の為に座薬も早目に処方して貰いました。そして…動けなくなった時…エンジェルケアの為のクーハンも購入しました。(使う日が永遠に来なきゃいいのに)

juneさんへの感謝の気持ちは言葉では言い尽くせません…この9カ月どれだけ、励まされ助けて頂いたか知れません。
本当にありがとうございました。

我が家のブラもジュンちゃんと同じく、放射線治療、抗ガン剤は選択しませんでした。それどころか、病理検査でも癌の特定には至らず鼻腔内腫瘍以上の事は分かっていません。再検査の話しをしたら、獣医師さんが「大量出血の恐れもあるし、ブラームスちゃん怖い思いして負担かかるだけだから…治るんなら、治せるならしてあげればいいけど……美味しい物いっぱい食べさせてあげて、好きなようにさせてあげて下さい。」と涙を浮かべながら仰られました。

何かをしてあげる事も愛なら、何もしない事も飼い主の愛なのだと、その後の通院するたびに、無口な優しい先生から教えられます。

現在のブラですが、大量出血こそありませんが、10月頃からマズルの中央部が腫れてきて、血の混じった鼻血がコンスタントに出続けています…が、しかしジュンちゃんに同じくお散歩も大好き‼︎お漏らしなし‼︎食欲旺盛で肥え続けています(笑)

どうかこんな日が一日も長く続きますように…
私の住む北陸も雪が降ります…ブラも雪が大好きです❤(ジュンちゃんみたいにお食べにはなりませんが)
また雪の中を思いっきり走らせてあげたいなぁ〜〜❣️

長くなってしまいすみません
juneさんにお礼が言えて嬉しいです。

今後も辛い時、悲しい時…
同じ思いを共有できる、ヘルメットをかぶった(笑)可愛らしい女の子に慰めて貰いに伺いますので、宜しくお願いします。
Posted by ブラームスmama 2018.11.11 Sun 11:29 編集
>ブラームスmama様
初めまして。コメントありがとうございます。
そして、現在ブラームスくんが鼻腔内腫瘍と闘っているとの事、心中お察しいたします。小さい体で頑張っている愛犬の姿を見守るのは、とてもお辛いことと思います。

私が愛犬ジュンのブログを始めた当初は、鼻腔内腫瘍で検索しても、学会の論文や症例の情報がほとんどで、3つくらいしか闘病の様子を知れるブログがありませんでした。

放射線治療をせずにどれくらい生きられるのか、どんな経過が待っているのか、これからどんなに苦しむのか、ほとんど情報が得られず、とても怖く、心細かったのを今でもよく覚えています。

ジュンが旅立って7年が経ち、ジュンの頑張った記録が、
今、ブラームスmama様のお役にたてている事をとても光栄に思います。
きっとジュンもすごく喜んでいると思います!
なんだかいつもテキトーなブログでお恥ずかしい限りですが。

これから先、不安でどうしようもなく辛い時もあると思います。
でも、苦しんでいるジュンのそばにいるのが私でよかったと、7年経った今でも思います。

8月に愛猫シロを看取った時は、たった2週間の終末期でしたが、日に日に弱っていくシロを見守るのはとても辛く、毎日泣いていました。

でも、やっぱり大好きな飼い主がいる時が、彼らにとって一番幸せな時間なんだと思います。

今日はとても元気だったな、今日はたくさん鼻血が出て元気がないな、など、毎日一喜一憂することも増え、飼い主様自身の心が疲れることもあると思います。
そんな時はどうぞこのブログででも不安や辛さを吐き出してくださいね。
気持ちをぶつけることで、多少は冷静になることもあると思います。

ブラームスmama様とブラームスくんが1日でも長く一緒に幸せな時間を過ごせるよう、祈っています。
Posted by June 2018.11.11 Sun 17:51 編集
juneさ〜ん
私の人生初のブログ参加!ヘタクソな文面に、お返事下さり、本当にありがとうございます。

ジュンちゃんがお空に行かれてから、ずっと一緒に過ごされたシロちゃんも看取られ、ご自身もどんなにか淋しくお辛いであろう時に…(シロちゃん最期まで、真っ白で凛々しいお顔の本当にキレイな猫ちゃんでしたね)

人の痛みに寄り添う、思いやり溢れるメッセージ、身に染みました…
ブラが鼻腔内腫瘍と分かってから、私も涙が出ない日はなかったです…毎日泣いてしまいます…

でも、juneさんからのメッセージを読みながら流れた涙は、この9カ月間流した涙とは違う、(上手く言葉には出来ませんが)とても温かく、これまで張り詰めていた気持ちが安堵したような涙でした。

ジュンのしるし…juneさんに辿り着けて、本当に感謝です。

ジュンちゃんが旅立たれてから7年が経過していますが、未だに鼻腔内腫瘍で検索しても情報は少ないです。
腫瘍の進行する場所によって、症状も全く違ってくる…完治する事はない難病、それが鼻腔内腫瘍の現実なのですね…

私の住む石川県に放射線治療できる病院はありませんが、やはり悩みました…(獣医師さんには、何もしないのが一番良い…自分の犬なら放射線は絶対しない、取り切れないから必ずここに戻るのに、寿命から考えても、たった数年の為に与える苦しみが大き過ぎると言われました)
そんな時、放射線治療せずjuneさんに大切に大切にされて一年近くも、頑張ったジュンちゃんのブログを見つけて、私も決断しました!
juneさんも綴ってらしたように、きっと正解はないのだと私も思います。

本当に…だだ飼い主さんの側に居られることが幸せ!そして、最期まで犬としての役目を果たしたいんじゃないかなと私は思います。


余談ですが…我が家の愛犬プーラムは、仙台からやって来ました‼︎
血統、イエロースイートピー.jp.ボド.ブラームスと申します‼︎血縁は皆んな仙台在住です‼︎

更に余談…
なんと、ブラームス君、juneさんのお財布すっからかんにしたあのジュンちゃんが重くて嫌いなチェックのコート、今も愛用しております‼︎ブラはデッカいウェスティーで、ジュン様のお太りになられる前の体重とほぼ同じ位なので、サイズも同じと思われます‼︎(ジュン様より短足ではありますが^^;)
いつの日かペアルックで♪

お言葉に甘えまくり長々とすみませんでした

june様…本当にありがとうございます

寒くなって来ましたがどうぞお身体をご自愛くださいませ〜ジュンちゃんみたいな笑顔でお過ごしになられますように…
たくさんのお幸せ…
お祈りしております
Posted by ブラームスmama 2018.11.12 Mon 17:52 編集
>ブラームスmama様
コメントありがとうございます。
こんなお粗末なブログを、本当にしっかり目を通してくださっているんですね。。。((((;゚Д゚)))))))恐縮です〜!
もっとちゃんと書いておけばよかったです〜!
読み返してみると、本当に雑な内容で。。。お恥ずかしいです。

ジュンの時も、同じ病気で闘っているワンちゃんが何人かいましたが、進行の度合いも症状も、皆様々でした。
ジュンのちょっと先輩で(鼻腔内腫瘍の)、その子がジュンの症状とよく似ていましたが、その子は顔も変形して、穏やかで優しい性格も、ガンの苦痛から徐々に人間に飼われていることを忘れて行き、飼い主様は最期はとてもお辛い選択をされました。

もしかしたらジュンを自然に逝かせることはできないかもしれない。。。
私自身もそんな恐怖とずっと闘ってきました。

地震が大嫌いだったジュンは、東日本大震災が起きなければ、もう少しこの世で頑張れたかもしれません。
しかし、長く生きれば生きただけ、その苦しみも続き、ジュンはこの小さな心臓が止まるまで、永遠に苦しみ続けなければいけないんだという絶望は、ジュンが旅立った後もしばらく続きました。

ブラームスくんが一生懸命頑張っている最中に、こんな残酷なことを書いてしまって、申し訳ありません。。。

ですが、私は、こんなにも恐ろしい病気だからこそ、今この一瞬一秒が何よりも貴重で、とても愛おしいものであることをさらに実感し、7年経った今でも、ジュンとの思い出が色褪せることなく心に残っているのだと思っています。

そして、どんな選択をしても、やはり後悔は必ず残るものだと思います。
治療をしても、しなくても。
ずっとそばにいても、いてあげられなくても。

でも、それでいいんだと思います。

小さな小さな命を、人間の勝手で左右するのですから、旅立った後も、悩み、苦しみ、後悔するくらいのことはしてあげないとな、と思っています。

シロの時も、やはり延命治療についてはたくさん悩み、最期は自宅で看取りたいと退院させましたが、自宅で看取ることはできても、もっと早く受診してたら、とか、仕事を長期で休むべきだったのかな、とか、も〜〜〜未だに後悔の連続です。

ブラームスくんは、まだまだブラームスmama様の愛情をいっぱいもらうように神様に言われているのだと思います。
きっと、まだまだ大丈夫!幸せな時間をたくさん過ごして下さいね。

そしてブラームスくん!なんと仙台出身でしたか!!
すごいご縁ですね!
ジュンのチェックのボアコート、あれもお揃いとはっ!!
すご〜〜い!!!
アレ、本当お高いですよね。。。汗
今もクローゼットにしまってあります。。。

石川県は雪も多いでしょうから、ボアコートが役立ちますね!
私は当分ワンコは飼えそうにないのですが、いつの日かペアルックでお会いしてみたいですね♪

今年も雪の中で元気にお散歩できるよう、心から願っています。
Posted by june 2018.11.16 Fri 11:35 編集
june様
雑なブログだなんて、とんでもないです‼︎
唯一無二✨最高傑作です‼︎
今頃、虹の橋の向こうでは、ジュンちゃん鼻腔内腫瘍会のスパースターですよ\(^o^)/

7年が経過し、鼻腔内腫瘍に関するブログも少しずつ増えているようですが、juneさんのサプリや手作りのお食事を参考にしたと書いている方が何人もいらっしゃいました…(私、鼻腔内腫瘍で検索して出てくるもの殆んど読み尽くしました)

鼻腔内腫瘍を患う犬は約2%しかいないと言う事なので、飼い主の皆様、きっと7年前のjuneさんや今の私と同じ思いなのだと思います…何とか情報を得たい、治してあげたい、少しでも苦しみを和らげてあげたい…藁をも掴む思いで検索されるのだと思います。

Juneさんの残して下さったブログは、7年経った今も、全く色褪せる事なく、一緒に闘って下さっているような気持ちにさせて下さいます…きっと此れからも色褪せる事なく、この恐ろしい病気になってしまったワンちゃんの飼い主様を励まし、助け、一緒に闘って下さるのだと思います。

それは、juneさんがかけねなしに頑張って頑張り抜いたしるしだから。
ずっとずっと、此れからも、ジュンちゃんはjune さんの宝者だから。

地震〜もし地震がなかったら…7年を経て漸く言葉にされましたね…
私でさえ、あんなに健気に頑張っていたジュンちゃんが食欲もなくなり、尻尾を下げトイレやキッチンの隅で脅える画像を見て、涙が溢れ唇を噛み締めてしまったのですから、juneさんはどんなにか悔しかったと思います。でも、最後まで、地震のせいで…地震がなかったら…とは記していらっしゃいません…本当にご立派でした。
ジュンちゃんも、かわいいかわいいキレイなお顔のままで、本当に飼い主様思いのお利口さんなワンちゃんでした。


ブラームス20日に、また結構な量の鮮血の出血がありました…今も少量ですが両方からどろっとした鼻血が出続けています。呼吸も苦しそうです…が、まだ食欲旺盛‼︎鼻血を垂らしながらも、お代わりのおねだり攻撃をしてくれます‼︎きっと〜
Juneさんが仰って下さったように、まだ一緒に居たいと思ってくれてるって事ですよね(^_-)

これ迄の経過、症状から、ブラームスもおそらく腺癌なのではないかと思われます…
CT検査に至った時には既に骨が少し溶け始めていましたが、病理検査、遺伝子検査でも、特定出来なかったし、今後もしないのであくまで想定でしかありませんが進行症状がとてもよく似ています。

あとどのくらいこの厳しい闘いが続くのか…
あるいは、
終わらせる決断を私がしなければならない日が来るのか…

先の恐ろしさ、その苦しみは計り知れませんが、今、私の傍にある、この小さな温かな命、かわいいかわいい仔に、最後の最期まで寄り添いたいです。

June様にはお世話になりっぱなしで、本当に図々しお願いですが、今後も是非またお知恵をお貸しください…相談させて下さい。
何卒宜しくお願い致します。

こちらにお邪魔させて頂いたおかげで、また明日も頑張れそうです(鮮血出ると落ち込みますよね〜)


頑張ってくれているブラに感謝‼︎

june&ジュン先輩に感謝‼︎
(す、すいません、実年齢はjune様+ひとまわりと思われます(^_^;)june様がニューヨークから戻られた年齢で結婚し、17歳の息子がおりますが、ここでは先輩と呼ばせて下さい)

シロちゃんが旅立たれ、まだ三カ月…
寂しくて涙が込み上げて来る事もあるかと思います…私も実家でずっと猫と暮らしていました…あの柔らかな温もり、随分月日が経った今も忘れられません。
その可愛さといったらないですよね〜
シロちゃんの存在を埋めるものはないと思いますが、どうぞご無理なさらず、お元気でいらして下さい。

june様の悲しみが少しでも癒やされますようお祈り致しております。

june様…

本当にありがとうございました。
Posted by ブラームスmama 2018.11.22 Thu 21:58 編集
犬のうた
犬のうた〜ありがとう〜
うた/エイジアエンジニア
プロフィール
なまえ:
june
年齢:
18
性別:
女性
誕生日:
2000/05/30
職業:
2011/5/1~虹の橋勤務
趣味:
お散歩、おやつ、ごはん

      ジュンちゃん愛用
抗がん健康サプリメント

D-フラクション プレミアム 犬猫用 30ml

犬猫用センダンα 30ml

枇杷の種粉末

スパイラルエンザイム生酵素500ml

ベターシャーク鮫軟骨(動物病院にて50gずつ購入)

*ご注意*
サプリメントは癌の治療薬ではありません。犬の体質、癌の進行、癌の種類にもより、その効果を保証するものではありません。
Twitter
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ジュンまた逢おうね
シロまた逢えるよね
ジュンはいくつ?
ジュンちゃん掲載誌
Shi-Ba 3月号 Vol.57
ジュンちゃんの闘病記を
掲載して頂きました。
巻末P108〜P111。
辰巳出版 980円
最新記事
(08/18)
(06/15)
(05/01)
ブログのはじまり
にほんブログ村
闘病生活も終え、現在はランキング不参加です。カテゴリーには参加しています。
ようこそ
ごゆっくり
いつでも里親募集中
いま何時?
忍者ブログ [PR]