忍者ブログ
鼻腔内腺癌を宣告された愛犬ジュンの記録。 余命3ヶ月の宣告に負けず、約1年間の闘病の末2011年5月1日に虹の橋を渡りました。
| Admin | Write | Comment |
犬のうた
犬のうた〜ありがとう〜
うた/エイジアエンジニア
プロフィール
なまえ:
june
年齢:
17
性別:
女性
誕生日:
2000/05/30
職業:
2011/5/1~虹の橋勤務
趣味:
お散歩、おやつ、ごはん

      ジュンちゃん愛用
抗がん健康サプリメント

D-フラクション プレミアム 犬猫用 30ml

犬猫用センダンα 30ml

枇杷の種粉末

スパイラルエンザイム生酵素500ml

ベターシャーク鮫軟骨(動物病院にて50gずつ購入)

*ご注意*
サプリメントは癌の治療薬ではありません。犬の体質、癌の進行、癌の種類にもより、その効果を保証するものではありません。
Twitter
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
また逢えるよね
ジュンはいくつ?
ジュンちゃん掲載誌
Shi-Ba 3月号 Vol.57
ジュンちゃんの闘病記を
掲載して頂きました。
巻末P108〜P111。
辰巳出版 980円
最新記事
ブログのはじまり
にほんブログ村
闘病生活も終え、現在はランキング不参加です。カテゴリーには参加しています。
ようこそ
ごゆっくり
いつでも里親募集中
いま何時?
お買い物
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


(いたずらっこ ジュン)


すっっっっっかりご無沙汰しております。
というか、ブログの書き方を忘れてしまった〜〜。
アップの仕方が分からない!

全くカンが掴めないままに書いています。


ジュンが旅立って早3年。
ジュンのお骨は今も私の隣にあり、この3年の間ずーっと一緒に過ごしています。

納骨は...もう少し時間が必要です。


ジュンが生きていたら今は14歳か〜
元気だったら今もまだお散歩ができる年齢だな〜

そんな事を時々思います。

年月というのは時に残酷で、
あんなにつらかった闘病の日々の記憶が、少しずつ また 少しずつ
ゆっくりと薄れていっています。

ジュンのDVDや写真集、スタンプやノートなど、
ジュンのメモリアルグッズをたくさん作り、
この3年間、
何度も何度も 何度も何度も
読み返し、観返し、その度に涙を流してきましたが、
最近では大粒の涙をこぼす事は少なくなりました。


それで いいのかな、と思います。



ジュンは今も、最高の笑顔でフレームの中から私を見つめています。

ジュンが本当に頑張った闘病生活も
このブログに残した記録も 
すべて真実。

ジュンがこの世に存在していた事も 真実。
今 ジュンがこの世にいないことも 真実。


なんて書いてると、や〜〜っぱり目から流れてくるものがあるのも 真実。


更新しないままのこのブログに、
今でも「鼻腔内腫瘍」「鼻腔内腺癌」と闘っている飼い主様からの
コメントやメールをいただいています。

拍手コメントにはアドレス欄やURLの記載欄がない為、
お返事や御礼もお伝えできませんが、

ジュンの闘病記を見て下さって ありがとうございます。

頑張って下さいとは 言いません。言えません。
もう充分に頑張ってると思うから。
ワンちゃんも、飼い主様も。


今、この瞬間を、精一杯 支えてあげて下さい。

大好きな飼い主様が 笑顔で側にいるだけで、
その小さな尊い命達は
幸せなんだと思います。



どんなときも

ワンちゃんが幸せな今を生きていけるよう

祈っています。

拍手[54回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
お久しぶりです。
Nagママ
Juneさん、お元気そうで何よりです♪
私もまだ、Nag姫とひなのお骨自分の手元に置いています。
私も以前ほど泣かなくなりました。でもきっとこれでいいんだと思います。別に忘れた訳ではないのですから。
ジュンちゃんの動画、今でも時々拝見しています(^^)
2014/08/29(Fri)21:06:19 編集
> Nagママ様
june URL
きゃーー!!ご無沙汰しております!お元気ですか?
ブログ訪問ありがとうございます。恐縮です!
私は今、ペット可のアパートにて、自宅の猫(シロ)を引き取り一緒に暮らしています。
猫も年を取り、ジュンの時にガンの発見が遅れてしまった過去を教訓に、今は精一杯可愛がっています。
Nag姫もひなちゃんもジュンも、たくさんの愛と思い出を残してくれましたね。
あの時は「思い出」なんて言葉を使うには、まだまだ悲しみが大き過ぎたけど、今では思い出を慈しむ事ができるようになりましたね。ワンコ達のおかげですね。
Nagママ様には震災時にも心配をおかけしてしまいましたね。いつか本当にお会いしたいです。いつか、思い出話、たくさんしましょうね。
2014/08/29(Fri)22:57:53 編集
シロちゃん
Nagママ
シロちゃん、連れて行ったんですね(^^)
うちの実家のたまご(猫)も今年21才になりましたよ。まるで化け猫みたいな様相ですが両親が溺愛しています。
関東方面にいらっしゃる際にはお声がけ下さい♪たくさんお話しましょう(^^)
2014/09/01(Mon)16:17:38 編集
はじめまして
みしぇる48 URL
はじめまして。みしぇる48と申します。
犬の放射線治療についてネットで調べていたら、こちらのブログに辿り着きました。

我が家の家族、フレンチブルドッグのリキも、ジュンちゃんと同じ『鼻腔内腺癌』と診断され、あと2~3か月と言われました。
今日、退院してから初めての診察に行き「麻酔に耐えられる元気なうちに…」と、主治医の先生から放射線治療を勧められました。

『少しでも長くリキと一緒にいたい』という思いと『辛い思いをさせたくない』『痛い思いをさせたくない』『苦しい思いをさせたくない』という思いで心がぐちゃぐちゃになって、もうどうしたらいいのか分かりません。

初めての訪問、コメントでこんなことを書いてしまって申し訳ありません。
ジュンちゃんと飼い主さんの奮闘記、これからゆっくり拝見させていただきます。
2014/11/08(Sat)23:56:17 編集
>みしぇる48様
june URL
はじめまして。コメントありがとうございます。
ブログ拝見させて頂きました。
リキくんかわいいですね〜!お腹さわってみたいです!
鼻腔内腺癌の宣告、本当にお辛かったことと心情お察しします。
何よりも、リキくんがまだ元気であるうちは信じたくない現実ですよね。

リキくんはお鼻もペチャっとしているので、呼吸の辛さはジュン以上かもしれませんね。
お時間のある時にでも、ジュンの闘病記に目を通して頂ければ幸いです。

闘病は決して穏やかなものではありませんでしたが、飼い主のツラさはワンちゃんにも伝わってしまう、と、私もブログを通してたくさんの方に教えて頂き、励まして頂きました。

放射線治療については、どちらを選択しても、後悔は必ず残ってしまうと思います。
愛しているワンちゃんのことですから、当然ですよね。。。
私は放射線治療をしなかったことを、よかったと思った事はありません。同時期に同じ病気で闘病していたワンちゃんが、放射線治療で寛解している様子を、とても羨ましく思っていた事も事実です。
でも、放射線治療をしたワンちゃんも、照射した箇所がただれて、可愛いお顔が変わってしまったり、毛が抜けてしまった子もいました。

ジュンは腫瘍の拡大による顔面の変化はありませんでしたが、同時期に闘病していたワンちゃんはひどく顔面が変形して、それでも顔から下は元気なので、つらいつらい安楽死を選んだ飼い主様もいらっしゃいました。

宣告から間もないのに、こんな残酷な事を書いてしまって申し訳ありません。。。
まだまだお辛い時期ですよね。
でも、検索をしていたら、いやでも目にしてしまうツラい写真や闘病記に出会うと思います。

私もそういった闘病記を見て、こんなの耐えられない!と何日泣いたか分かりません。
ですが、そう泣き悩んでいる間も、小さなジュンの鼻に潜むガンが進行していると思ったとき、ジュンがこれから迎える結末を予期し、一緒に歩んでいこうと思いました。

どちらを選択しても、みしぇる48様がずっとそばで笑って撫でてあげることが、リキくんにとって本当に幸せなことだと思います。

症状や進行の度合いも違うかも知れませんが、
どうしようもなく何かをぶちまけたいときには、どうぞまたコメントを残して下さいね。
お返事が遅れるかも知れませんが。。。(ブログ読んで頂ければお分かりになると思いますが、かなりズボラなので。。。私)

リキくんとみしぇる48様が穏やかに日々を過ごしていけるよう祈っています。

2014/11/09(Sun)22:09:46 編集
≪ Back  │HOME│

[228] [227] [226] [225] [224] [223]

Copyright c ジュンのしるし。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆ / Material By はながら屋
忍者ブログ [PR]