忍者ブログ
鼻腔内腺癌を宣告された愛犬ジュンの記録。 余命3ヶ月の宣告に負けず、約1年間の闘病の末2011年5月1日に虹の橋を渡りました。
| Admin | Write | Comment |
犬のうた
犬のうた〜ありがとう〜
うた/エイジアエンジニア
プロフィール
なまえ:
june
年齢:
17
性別:
女性
誕生日:
2000/05/30
職業:
2011/5/1~虹の橋勤務
趣味:
お散歩、おやつ、ごはん

      ジュンちゃん愛用
抗がん健康サプリメント

D-フラクション プレミアム 犬猫用 30ml

犬猫用センダンα 30ml

枇杷の種粉末

スパイラルエンザイム生酵素500ml

ベターシャーク鮫軟骨(動物病院にて50gずつ購入)

*ご注意*
サプリメントは癌の治療薬ではありません。犬の体質、癌の進行、癌の種類にもより、その効果を保証するものではありません。
Twitter
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
また逢えるよね
ジュンはいくつ?
ジュンちゃん掲載誌
Shi-Ba 3月号 Vol.57
ジュンちゃんの闘病記を
掲載して頂きました。
巻末P108〜P111。
辰巳出版 980円
最新記事
ブログのはじまり
にほんブログ村
闘病生活も終え、現在はランキング不参加です。カテゴリーには参加しています。
ようこそ
ごゆっくり
いつでも里親募集中
いま何時?
お買い物
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジュンの最期を色褪せないうちに記します。
臨終について書いています。
苦手な方は目を通さないようにお願いいたします。

*****************************

2011年5月1日。午後8時43分。永眠。

ジュンは亡くなる日の午後6時まで自力で歩いていました。

午後の4時には、庭で自力でおしっこをしました。


亡くなる日は、朝起きてから、「フセ」の状態で起きている事が出来なくなり、
私が手を離すと、すぐにダラ〜ンと倒れてしまいました。

午前中に病院に行き、いつもは30分の静脈点滴なのですが、
この日に限って背中からの皮下点滴を受けました。
皮下点滴ですと、短時間に倍以上の栄養を入れる事が出来ます。

ですが、背中からの点滴が苦手なジュンちゃんは、
はじめは四肢に力が入っていましたが、だんだんと全身に力が入らなくなり、
結局「オスワリ」が崩れたような格好で点滴を受けていました。
その時もやはりその状態を保つ事が出来ず、
背後の看護師さんに寄りかかった格好で過ごしました。

家に帰って来てからもずっと寝て過ごし、
午後に自力で起き上がり、徘徊運動を始めました。

その後、4時頃庭に出し、大量の排尿を済ませました。
その後、再びお休み。


5時半頃でしょうか。。。
自力で起き出し、隣の部屋へ。

壁に着き当たっても、そのまま進もうとしたり、様子が変。。。

慌てて抱きかかえ休ませるも、呼吸がおかしい。

そのうち顔が上を向き、首がグルンと1回転しました。

「これはやばい。。。」

そう思いましたが、その後は、またいつものイビキと呼吸で爆睡。




30分程して、ビクッ!としたように突然飛び起き、自力で立ち上がりました。


その足取りは非常に危なっかしく、少し徘徊運動した後、再び休ませました。

その時、午後6時。



その後はまたいつものイビキで爆睡。

とても深い眠りでした。
思い返せば、亡くなる3日程前から、何をしても起きない程深い眠りに入っていました。




午後8時半頃、イビキが止まり、目も開き、耳も動くようになったので、
口の中を、水に浸した綿棒で奇麗にしました。


その時、肺は膨らんでいるのに、呼吸の仕方が突然おかしくなりました。

再び目を閉じ、痙攣の様な小刻みな震えで、顔に力が入っていました。

そのうち、舌がダランと出て、息は吐くのに、吸い込めない、そんな状態になりました。


一瞬目がパチッと開いて、舌が引っ込みました。水も舐めました。


「ジュンちゃん!!ジュンちゃん!!!」


ですが、次の瞬間。

四肢がピンと伸びて、静かになりました。
自分で目も口も閉じていました。




最期はほんの少しの間だけ苦しみました。
言うなれば、「窒息」「呼吸困難」。

けれど、それは本当にわずかな時間だけで、
私も母もいつジュンが臨終を迎えたのかが分からない程、安らかに逝きました。



母と、私、二人で見送りました。
最期は私の腕の中で。。。


私がずっと強く望んでいた最期の看取り方。

5月1日。午後8時43分でした。



眠りについた後は、歯茎の腫瘍の血の気がすぐに引き、
マズルの腫れも消えました。そこには血液が溜っていたと考えられます。


その後、午前中にた〜っぷりと入れてもらった点滴が、たくさん出ました。
8時43分。いつもなら、このくらいの時間におしっこに行くはずでした。


最期までお漏らしはせずに、ジュンなりのプライドを守り抜きました。



ジュンの眠った顔は、あんなに恐ろしい癌と闘ったとは思えない程に安らかでした。


眠っているようでした。今にも目を覚ましそうでした。


私は、ジュンの固く冷たくなった脚を握りながら、何度も名前を呼びました。



ジュンちゃん。ジュンちゃん。ジュンちゃん。ジュンちゃん。

ジュンちゃん!ジュンちゃん!ジュンちゃん!ジュンちゃん!!



ジュンは二度と目を覚ます事はなかったけれど、
その表情は私達に「もう大丈夫だよ」と言っているようでした。



「鼻腔内 腺がん」の宣告から、11ヶ月と23日。

ですが、ジュンが鼻腔内腫瘍と闘って1年7ヶ月以上。


諦めの悪い私の為に、こんなにたくさん頑張ってくれたジュン。
「安楽死」の覚悟がつかない私の為に、自ら衰弱してくれたジュン。
実は「血」が苦手な私の為に、出血多量での死を避けてくれたジュン。


こんなに飼い主想いのジュンに、今 感謝の気持ちでいっぱいです。




ありがとう。ありがとうね。ジュンちゃん。

ジュンちゃん。ジュンちゃん。ありがとう。



だいすきだよ。ずっとずっとだいすきだよ。




*******************************


ジュンが息を引き取った直後。(眠っているようです)
こちら(クリック)



生きている口腔内の腫瘍。(刺激の強い画像です
こちら(クリック)


死後の口腔内の腫瘍。(刺激の強い画像です
こちら(クリック)


お通夜。(かわいいかわいいジュンちゃん)
こちら(クリック)




たくさんのコメント、本当にありがとうございました。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
       にほんブログ村

拍手[68回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
無題
ゆき
ジュンちゃん、安らかないいお顔。
かわいいかわいいジュンちゃん。
行ってらっしゃい。また会いましょうね。

ジュンちゃん安らかな旅立ちでよかったですね。
本当にママ想いの良い子です。
juneさん眠れていますか?
どうかご自愛くださいね。
2011/05/04(Wed)05:22:14 編集
無題
m
みんな見せていただきました。
愛おしいです、ジュンちゃん。ありがとう。
ありがとうjuneさん。

さびしくなるけど、
ありがとうの言葉しか出てこないです。
2011/05/04(Wed)08:15:36 編集
無題
ワンラブ
お辛い気持ちを抑えて、間際の様子をアップしていただき言葉が出ません。

あの壮絶な闘病の後だったにも関わらず、亡きジュンちゃんの顔が綺麗で綺麗で・・・

お口の中の腫瘍、本当にジュンちゃん辛かったことでしょう。

これからは病気から解き放たれ、お友達と楽しく過せることと思います。
そしてジュンちゃんママさんご一家を、ちゃんと見守ってくれることでしょう。

命が尽きるまで最期まで戦い抜いたジュンちゃんの頑張り、それを尊重し看護されたジュンちゃんママさん、本当に本当にありがとうございました。
わが家の骨肉腫で闘病中のワンコに、ジュンちゃんの勇気と頑張りを伝えなければ。と思います。

最後に、「ジュンちゃん、私はジュンちゃんの顔が大好きでした。そして大地震、怖かったよね。ママたちに守られ懸命に病気と立ち向かった勇気と頑張りをありがとう。」
2011/05/04(Wed)10:25:41 編集
無題
M
ジュンちゃん眠っているみたいですね。
可愛い寝顔です。
ジュンちゃんのお顔って本当に可愛いですよね。
同じ病気と闘っているワンコの飼い主としてジュンちゃんの症状を聞くと胸が張り裂ける思いでいっぱいでした。
大量出血、呼吸の乱れ、歯茎の腫れ等、ジュンちゃん頑張って乗りこえてくれましたね。
同じ年の同じ月に同じ病気を診断され、ジュンちゃんに運命的なものを感じ遠くからずっと応援していました。
ジュンちゃんやすらかに...

2011/05/04(Wed)12:00:55 編集
無題
あき
ジュンちゃん、お家でママに抱っこされて逝ったのですね。口の中にあんなに大きな腫瘍があって本当に辛かったでしょう。よく頑張りました!偉い!ジュンちゃん。今はもう痛くないよね。どうぞゆっくり眠ってください。ご冥福をお祈りします。
2011/05/04(Wed)13:26:42 編集
無題
mariko
ジュンちゃん、可愛い可愛いお顔のままですね。
写真見せていただいて、なみだがとまりません。
おかあさんに愛されて抱っこで旅立てて、でもつらいつらいお気持ちたまらないとおもいます。
地震、ホントに怖かったとおもいます。でもいつもお母さんに守られてよかった。
2011/05/04(Wed)16:28:28 編集
おやすみなさい
ラナイ
かわいいジュンちゃん。
本当に眠っているようですね。
家族が先に旅立ってしまうのは本当に辛いです。
私はジュンちゃんの事を忘れませんよ。
juneさんやご家族の優しさも忘れません。
2011/05/04(Wed)18:24:59 編集
無題
裕美
かわいい顔のまま旅立ったジュンちゃん、あっぱれ!!です。私のワンコも奪った鼻腔内腫瘍、本当に憎いです、いつかこの病気が普通に完治できる日を待ってます。
2011/05/04(Wed)19:02:57 編集
無題
番茶。
今のお気持ちを思うと いたたまりません
一杯愛情を受け 穏やかな日々を過ごし 飼い主さんの手の中で旅立てたジュンちゃんは本当に幸せだったと思います ただ あの地震さえなかったらと思うばかりです。 どうぞお体を大切に
なさって下さいね
2011/05/04(Wed)19:25:59 編集
無題
くうちゃん URL
ジュンちゃん

ジュンちゃん

可愛いジュンちゃん

おやすみなさい・・・・
2011/05/04(Wed)20:26:30 編集
無題
黒松の姉
ジュンちゃん、本当に眠っているような安らかなお顔していますね。腫瘍の写真を拝見すると、どれほどジュンちゃんとjuneちゃんが大変だったと・・・。

ありがとうございました。お疲れの出ませんように。
2011/05/04(Wed)23:02:16 編集
無題
ジュンちゃんと一緒に壮絶な病との闘いだったんですね…
最後の最後までジュンちゃんは自力でオシッコをして、偉かったです。
でも、それだけしっかりしたジュンちゃんだけにこの病は辛いものでした…
ジュンちゃんも、どうしてだろう~?って、思うことばかりだったかな~?って、思うと本当に可哀想でした。
でも、ジュンちゃんは楽しい思い出もいっぱい抱えて旅立ったんですよね…
壮絶な戦いが心に焼き付いて、今は無理かもしれないけど、少しづつでもジュンちゃんとの楽しい思い出をたどってみてくださいね。
ジュンちゃんは幸せだったんですから…。
2011/05/05(Thu)01:03:12 編集
ジュンちゃんへ
ゆうママ
ジュンちゃんが、最期まで病気と精一杯に闘った証です。
ご家族皆様の愛情に支えられ、ジュンちゃん、本当に頑張りました。
最期まで、ご家族思いの優しくて強いジュンちゃん、
本当にありがとう(涙。)
2011/05/05(Thu)21:02:20 編集
無題
tomoko
ジュンちゃん、可愛い穏やかな素敵なお顔です・・
今は、天国ですね
お互いに思いあい、愛情深い絆での日々・・
juneさんの胸の中で、juneさんのお母様に見守られ、
最後まで、優しくお利口で可愛くて、
私、泣いては駄目と思いつ、
涙が・・胸にいっぱい・・

ジュンちゃん有難うね
juneさん、有難うございました
juneさんの今を思うと、辛くて、胸が・・・


お疲れがとれたら
ジュンちゃんの思い出を
又、書いて下さい・・


涙で一杯ですが、
ジュンちゃん本当に有難うね・・
今は、もう普通の元気身体で
地震も無い天国ですね・・

文が滅茶苦茶なり・・ゴメンネ
ジュンちゃん、juneさん、有難うございました・・
・・尊敬する日々です・・
2011/05/07(Sat)01:28:58 編集
ご冥福をお祈り致します。
nio URL
本当にまるで眠っているようですね。
きっとジュンちゃんはjuneさんに看取られて、幸せな最期だったのだと思います。
かわいいかわいいジュンちゃん。
juneさんと一緒にお散歩をしている時のあの本当に楽しくて嬉しくて幸せそうなお顔が大好き!あの笑顔を忘れません。
ありがとう。そして安らかに。

juneさんも疲れが出ませんよう、お体ご自愛下さいね。
2011/05/11(Wed)15:58:03 編集

この記事にトラックバックする



この記事へのトラックバック
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[209] [208] [207] [206] [205] [204] [203] [202] [201] [200] [199]

Copyright c ジュンのしるし。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆ / Material By はながら屋
忍者ブログ [PR]