忍者ブログ
鼻腔内腺癌を宣告された愛犬ジュンの記録。 余命3ヶ月の宣告に負けず、約1年間の闘病の末2011年5月1日に虹の橋を渡りました。
| Admin | Write | Comment |
犬のうた
犬のうた〜ありがとう〜
うた/エイジアエンジニア
プロフィール
なまえ:
june
年齢:
17
性別:
女性
誕生日:
2000/05/30
職業:
2011/5/1~虹の橋勤務
趣味:
お散歩、おやつ、ごはん

      ジュンちゃん愛用
抗がん健康サプリメント

D-フラクション プレミアム 犬猫用 30ml

犬猫用センダンα 30ml

枇杷の種粉末

スパイラルエンザイム生酵素500ml

ベターシャーク鮫軟骨(動物病院にて50gずつ購入)

*ご注意*
サプリメントは癌の治療薬ではありません。犬の体質、癌の進行、癌の種類にもより、その効果を保証するものではありません。
Twitter
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
また逢えるよね
ジュンはいくつ?
ジュンちゃん掲載誌
Shi-Ba 3月号 Vol.57
ジュンちゃんの闘病記を
掲載して頂きました。
巻末P108〜P111。
辰巳出版 980円
最新記事
ブログのはじまり
にほんブログ村
闘病生活も終え、現在はランキング不参加です。カテゴリーには参加しています。
ようこそ
ごゆっくり
いつでも里親募集中
いま何時?
お買い物
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

皆様、ご心配ありがとうございます。
そして、応援ありがとうございます。

今朝方、午前5時45分頃、再び吐血。
ドロッとした鮮血や血飛沫、計8ヶ所。

午前中、ジュンちゃんを連れて病院に行ってきました。

携帯で撮った吐血の写真も持参しました。

先生は血痰と判断し、おそらく胃からの吐血ではないとの事でした。(よかった〜!!)

胃からの場合、もう少し胃液や水分を含み、
例えるならトマトジュースのような状態になることが多いようです。

ジュンの場合は、おそらく呼吸している間も、食べている間も、寝ている間も、
常に鼻水と鼻血が鼻から出す事ができず、喉まで降りてきてしまうので、
それが溜って吐き出したのではないか、との事でした。

今日は、大出血になるのを防ぐため、止血剤の筋肉注射を打って頂きました。
ジュンちゃん、泣きませんでしたよ〜!!エライッ!!!

これで様子見です。おそらく、落ち着いてくれるでしょう。。。


「おそらく」というのは、鼻腔内腺癌はレントゲンには写らないので、
実際の鼻の中を見るには、全身麻酔とCT検査が必要です。
病院によってはMRIも撮るのかな?ジュンの場合はCTだけでしたが。

そのため、どんなに有能なお医者様でも、
現在のジュンの実際の様子を正確に知る事が出来ないのです。

私達はもう全身麻酔は一切しない事に決めているので、
CTを撮らないと決めた以上は、知りたくても知る事が出来ません。

そして、最期は自宅で....というのが希望なので、

たとえ大出血になっても、吐血や痙攣が起こっても、
その日には病院には行かない様にしております。

理由は、現段階でも医学的には、もう為す術が無いため。延命治療も望んでいません。

注:あくまでもジュンの場合は、です。
癌宣告からもうすぐ半年。
ジュンももっと若ければ、もしくは、もっと早期発見できていれば、
もう1回くらいCTを撮りたかったです。。。(本音)



でも、なんとなく病院に行かないと不安で不安で。。。m(_ _)m
ジュンの診察は2週間毎ですが、
私は1週間毎にお薬を貰いに行っています。

先生には毎回不安をこぼしてしまうのですが、
きちんと説明して下さるので、本当に有難いです。

ジュンの場合、放射線治療もしない、CTも撮らない、何もしない、なので、
正直、これ以上先生にどうしろと!??ってくらいの患者ですよね。。。?(汗)

なのに私は大出血や吐血の度に相談に行っちゃうので、先生も診断が大変だと思います。


「飼い主さんに、出血を止めてくれ、鼻水を止めてくれ、と言われたら、
こちらとしてはさらに薬を処方することは、いくらでもできるんです。
しかし、薬の量を増やす事、強い薬に代える事は、ワンちゃんにとって
負担や危険を増すだけなんです。」先生はおっしゃいます。


当たり前の事なんですけど、
沢山の獣医師がいる中で、
何でもかんでも薬を処方する、という先生じゃなくて本当に良かった!と思いました。

それと同時に、私も薬の効能や副作用なんかの知識を身につけたくなりました。

知らないって、怖い事ですよね。

良い先生に診てもらえただけでも、ジュンの闘病生活は幸せですね。


応援してくれている沢山の方と、良い先生がついていて下さるので、
私もジュンも頑張る事ができます。



そしてそして、ジュンちゃん、本日はすんごい食欲!!わお!

今日は筋肉注射を打ったから、安静に...といわれているのに、
メシくれ!メシくれ!!で大騒ぎ!!

ごはんもガツガツ食べてくれました♪♪

うんちの色が真っ黒だけど、これは血を飲んだからと言われました。

肛門付近での異常だと、もっと鮮血が混ざるそうです。

P1020238.jpg

ジュンちゃん、早く沢山の笑顔くださいね♪




そして、ジュンちゃん まさかの 9.9kg でした。。。。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村



拍手[19回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
無題
まきち URL
ジュンちゃん、よかった、ホントホント
正直、juneさんのブログ更新されて題名見て少し安心しました。
やっぱりジュンちゃんは笑顔が似合うわ~♪
言葉と言葉で会話が出来ない分本当に不安になりますよね
痛い、辛いとか言ってくれたらどんなにいいか・・・って思いますが、それって人間のエゴなんですよね、きっと。
ジュンちゃんは辛さを伝える事が、juneさんを悲しませてしまうって知ってますもんね
juneさんも頼れる先生がいて本当に良かったです
宣告からもう直ぐ半年・・・まだ半年ですよ!!
ジュンちゃんの笑顔見てると本当に幸せなんだよね~
ジュンちゃんはすごいね、沢山の人達を幸せにしてくれてるんだもん
ジュンちゃん、大好きよ~♪
2010/11/05(Fri)01:16:36 編集
無題
アポママ URL
喉の方にいってしまった分の吐血ではないかという事で
ちょっと安心しました。
ジュンちゃん、食欲もあるみたいで良かった。

まだ まだ 元気あるし大丈夫!!

うまく書けないかもですが・・・
ワンコが居て、その飼い主が居て、それぞれ状況や環境が
異なるのですから、選択肢もさまざまだと思います。
何が一番良いかなんて、言い切れませんんよね。
なので、飼い主が良いと思ったものをやっていくほかないんだと思います。
それが愛犬にとっても一番良いはず。

不安や迷いもあるかもですが、きっと神様が
導いてくれます。
ワンコが病気になってから、急に信心深くなりました。(笑)
アペルやポッキーの事はもちろんですが、ジュンちゃんや、他の病気のワンコのことも、良くなるよう毎晩祈ってます。





2010/11/05(Fri)01:27:39 編集
>まきち様
june
コメントありがとうございます。
ジュンの状態が落ち着いているのは何よりです〜(o^∇^o)ノ
私は「痛い、辛い」の犬語を習得したいです〜!←まだ言ってる(笑)
私は西洋医学にどっぷり頼りたい派ではないのですが、
犬の病状や体のしくみについて詳しくない為、
信頼出来る先生に出会えたことは心強いです。
...まだ半年か。そう思いたいですね(*^-^)
そう思う様にして来年まで頑張らなきゃですね!
私もジュンの笑顔に癒されます。
本当、ジュンの存在は大きいです。
この笑顔が一日も長く見ていられます様に...


2010/11/05(Fri)10:18:13 編集
>アポママ様
june
コメントありがとうございます。
私も転移していたら...なんて最悪なことばかり考えてしまいました〜(;´Д`
急に食欲旺盛でびっくりですよ!!でも元気な証拠ですよね♪
私にとって、放射線治療を選択しなかったことは
一生の後悔になると思います。
結果がどうであれ、選択肢があったのに、それを拒否した結果...
という風に考えてしまうからです。
それこそ人間のエゴなんでしょうけどm(_ _)m
以前、アポママ様が「放射線治療はがん細胞を殺すが、良い細胞まで殺してしまう。
アペ氏の目が飛び出なければ、代替治療にしたかった」
とおっしゃっていましたよね?
それでも、今のジュンの苦しさをみていると、
放射線治療をしていたら...と思ってしまうんです。
後悔先に立たずです。
おっしゃる通り、何か一番良いかなんて、人間には判断出来ないのですが。。。
以前、私藤沢市で働いていたのですが、
もし今もそこにいたら、日大動物病院で受けれたのにとか、
なんでこんな田舎に住んでるんだと、環境を責めたり。
きっと、青森に住んでいたら、
間違いなく放射線治療を先ず視野に入れたと思います。
後悔ばかりで、本当に自分が情けないです。
ジュンが病気になってから、全然前向きになれないんですけどね(;д;)
「前向きに」口に出して自分に言い聞かせなければ。。。
私、ずっとカトリックの環境にいたので、
神様信じています。
でも、今ジュンが苦しそうなのを見てると、
神なんてイネー!といじけてみたり...
まだまだお子ちゃまなんですね。私。
でも、本当に、神様が良い方に導いて下さっていると信じて...
私もアペポキ氏の健康と幸せを心から願っています。
2010/11/05(Fri)10:40:11 編集
無題
さと URL
9.9キロ?なんで増えてるの〜?!
でも、良いことですね、うんうん。
食欲が戻って本当に良かった〜!!
体調が落ち着いたのでしょうね。

薬漬けになるのは、ワンコでも人間でも怖い気がします。
でも、つらい症状を抑えられる薬なら与えたい。
そのジレンマがつらいところですね。
私たちはしょせん素人ですから、
薬に関しては獣医さんの指示を仰ぐしかないですし。
ジュンさんの主治医さんは、
とても良いお医者さんののようでなによりです。
動物も人間も、どういう医師にかかるかで、
大きく違ってきますもんね。
2010/11/05(Fri)21:42:29 編集
>さと様
june
コメントありがとうございます。
どうして増えてるのか...う〜む。謎です。。。
ジュンの体高は34cmとそんなに大きい方ではないのですが、
これって肥満に入らないんですかねぇ???
でも、転移した時の為に体力はつけておく様に言われているので、
沢山食べて、よく運動させてるんですけど...

診察してもらった獣医師とは合わなくて、
実際に病院を変える飼い主さんは少なくないですよね。
私が行っている病院は徒歩圏内なのですが、
実際、近所に住むブリーダーさんも、
私が通ってる病院は合わないと言って、
隣の市まで通っています。
でも、ジュンは幸いにその病院が好き(?)みたいなので、
何よりです。(本当に、お散歩中でも寄ろうとするんですよ!)

実は私も、途中は信じられなくなったんです。
ちょうど癌宣告の前あたりに。なかなか鼻血も止まらないし。。。
でも、CTを撮っていただいた別の病院で、
「あの先生は、もう手術は無理だとウチで判断した
ワンちゃんの手術もされた事があるんです。
鼻腔内腺癌の場合はレントゲンには写らないし、
CTを置いている病院も宮城には2つしかないので、
たいていの場合は見つける事ができずに
原因不明で亡くなって行く病気なんです。
それを、CT検査を勧めて下さったということは、
先生自身も随分勉強されたのでしょう。」
と、おっしゃっていたのです。
私も、「あの先生を信じてもいいんでしょうか...」
なんて聞いちゃいましたよ!初対面の先生に!(笑)
それから、今の先生を信じることにしたのでした。
でも、自分でもある程度ジュンの体のしくみくらいは
知りたいな〜と思う今日この頃です。遅いって?笑


2010/11/05(Fri)22:37:01 編集

この記事にトラックバックする



この記事へのトラックバック
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[96] [95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86]

Copyright c ジュンのしるし。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆ / Material By はながら屋
忍者ブログ [PR]