忍者ブログ
鼻腔内腺癌を宣告された愛犬ジュンの記録。 余命3ヶ月の宣告に負けず、約1年間の闘病の末2011年5月1日に虹の橋を渡りました。
| Admin | Write | Comment |
犬のうた
犬のうた〜ありがとう〜
うた/エイジアエンジニア
プロフィール
なまえ:
june
年齢:
17
性別:
女性
誕生日:
2000/05/30
職業:
2011/5/1~虹の橋勤務
趣味:
お散歩、おやつ、ごはん

      ジュンちゃん愛用
抗がん健康サプリメント

D-フラクション プレミアム 犬猫用 30ml

犬猫用センダンα 30ml

枇杷の種粉末

スパイラルエンザイム生酵素500ml

ベターシャーク鮫軟骨(動物病院にて50gずつ購入)

*ご注意*
サプリメントは癌の治療薬ではありません。犬の体質、癌の進行、癌の種類にもより、その効果を保証するものではありません。
Twitter
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
また逢えるよね
ジュンはいくつ?
ジュンちゃん掲載誌
Shi-Ba 3月号 Vol.57
ジュンちゃんの闘病記を
掲載して頂きました。
巻末P108〜P111。
辰巳出版 980円
最新記事
ブログのはじまり
にほんブログ村
闘病生活も終え、現在はランキング不参加です。カテゴリーには参加しています。
ようこそ
ごゆっくり
いつでも里親募集中
いま何時?
お買い物
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ジュンちゃん、ステロイドの効果はありませんでした。

鼻腔閉塞の原因は、どうやら腫瘍拡大の可能性が高いようです。

内科的な治療では、もう為す術は無いようです。

効果がないのであれば、ステロイドにはなんのメリットもありません。

今後は止血剤と消炎剤のみ続けて行くことにしました。



「せめて呼吸だけでも楽になりませんか」

望むのはただそれだけ。でも、無理なことも頭では理解しています。

先生には、以前CT検査をしてもらった仙台市内の病院に行ってみるかと聞かれました。



行った所で、放射線治療を勧められるだけ。

最悪の場合は、もう何も出来ないとだけ言われて終わるかも。。。


青森の大学病院に、1ヶ月も入院して放射線治療をする。
家族と離れて、知らない土地で。



もう十分頑張っているジュンに、さらに頑張れとは言えません。


遅かれ早かれ、いづれは通る道です。


残念だけど、病院の先生には本当に良くして頂きました。
鼻腔内腺癌についてもいろいろ調べて頂きました。

そのおかげで、ジュンは今もまだ元気で生きています。


これからは、犬としての一生を犬らしく、ジュンらしく全う出来るように、
楽しいときも、嬉しいときも、苦しいときも、辛いときも、
いつでも側にいて見守ってあげたいと思います。



P1010546.jpg





ジュンちゃん、いつも一緒にいようね!!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村



拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
無題
さと URL
そうですか…ステロイドの結果は残念です。
動物の病気については治療からなにから、
最終的な判断は全て飼い主がしなくてはいけないので、
責任と苦悩が重くのしかかってきますよね。
一度こうしようと決めても、
状況が変わったり別の情報が入ってきたりで、
ブレずにいるのはとても難しいことです。
何が正しい選択なのか、
わからなくなる時がありますよね。
でも、その子のことをいちばん考え、
理解しているのは飼い主さんなのだから、
私は飼い主さんが決めたことが
最も正しいような気がします…。
2010/07/26(Mon)14:39:55 編集
>さと様
june
コメントありがとうございます。
なんだかんだ言っても、「死なないでほしい」の一言に尽きます。
なので、かなり考えがブレブレです。。。ヒャ〜。汗
後悔しないように、これで良かったと思えるようなことを
してあげよう、とは思っていますが、
どんな方法であれ、選択肢が1つでも残っているのなら、
やはり後悔せずにはいられません。
ジュンの場合は、それが放射線治療なのですが。。。
麻酔のリスクや、放射線の副作用のことも考えれば、
末期のジュンには絶対にかけたくない負担です。
ただ、もし、もしも放射線治療をしていたら....
がん細胞は死滅してくれたかも...
などと考えては自己嫌悪に陥っています。

さと様のお言葉、いつも本当に励みになります。
そうですね。
ワンコのことを一番に考えた上での決断なら、
本人も理解してくれるでしょうか。
すべてのワンちゃん達が、幸せな一生を送ってほしいものですね。
2010/07/27(Tue)07:21:04 編集

この記事にトラックバックする



この記事へのトラックバック
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[58] [57] [56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48]

Copyright c ジュンのしるし。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by カキゴオリ☆ / Material By はながら屋
忍者ブログ [PR]